2007年12月05日

続、現地の携帯電話事情

▼現地で借りたプリペイド式のチャイナモバイル
P1010348.JPG



中国・義烏では日本人でも、SIMカード(シムカード)の携帯や
プリペイド携帯の契約が出来ます。

本体はノキア(NOKIA)製が多いようです。

通話の他、大体、メール機能、計算機、時計など付いており、
中国がわからなくても、イジっていれば、すぐになれます。


最近はCHINAモバイルを契約してもいいかなぁ〜とも思います。

渡航回数が増えてきたので。


流石に中国で携帯からネットが繋がっても、
中国語がわからないと使えませんが・・・

現在、仕入れツアーの際はプリペイド携帯をレンタルしてます。


街のいたるところにある売店で50元のプリペイドを買えば、
その場でチャージしてくれるので、すぐに使えます。


ここで注意点。

携帯を失くすと、SIMカードを入れ換えて、
第三者にすぐに使われてしますので、絶望的です(T.T)

ちなみにソフトバンク、ドコモは
携帯本体の設定と契約内容次第で、
日本の番号で、メール、通話、ネットが使えます。


料金は高額なので、使いませんが・・・
posted by garkunroborobo at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7615286

この記事へのトラックバック