2008年10月09日

品定めとリサーチについて

稼いでいる方は例外なく、
地道な調査とデータ収集を気が遠くなるほどしています。

プロだから出来るような調査ではなく、
誰でも出来る事を凄い量でこなしてます。

例えば、ヤフーオークションなどの各種オークションサイト、
楽天などのインターネットショッピングモールを
それこそ、虱潰しに膨大な時間をかけて調査しているのです。

ディスカウントショップ、カー用品店、ファッションビル、
輸入雑貨店、深夜TV通販などネット以外でも、
本人の心構え次第で日常生活の中でも事前調査ができます。

常日頃からアンテナを張っておくことが重要です。

このように日本で売れ筋の商品、色、形などを
入念に事前調査しておけば、
沢山の粗利益の高い売れ筋アイテムを発見することが出来ます。

逆に言うとアイテムがあり過ぎるくらいなので、
自分が販売したいジャンルに絞って
仕入れる商品を決めていくのがコツです。

もし、希望する商品がなくても、事前に写真などを持参して
見せれば、後日、希望する商品を卸してもらえる事もあります。


その他のこと、詳しい事柄に関してはこちらの著書で。

『ネットショップ&ヤフオク 海外仕入れの達人養成講座』
http://sss1.jp/x/zlxq

個別指導に関しては私の運営する山口塾にて行なっております。
http://auctop.com/yyj.html
posted by garkunroborobo at 21:26| Comment(18) | TrackBack(24) | 仕入れについて

義烏(YIWU・イーウー)の夜店でのコツ

義烏(YIWU・イーウー)の夜店では
まとめ買いすると値引きしてくれる場合が多いので、

「2つでいくらになりますか?」
「3つでいくらになりますか?」
「もっと沢山買うので安くしてくれないか?」

と聞いてみましょう。

あまり値切りすぎると、相手が「そんな値段なら売らない」と
言い出すこともありますので、
場の空気を読むことも重要です。

その他のことに関してはこちらの著書で。

『ネットショップ&ヤフオク 海外仕入れの達人養成講座』
http://sss1.jp/x/zlxq


個別指導に関しては山口塾にて行なっております。
http://auctop.com/yyj.html
posted by garkunroborobo at 21:06| Comment(9) | TrackBack(1) | 仕入れについて

2008年05月05日

3月、再度、義烏の福田市場で買い付けに!

▼現在も拡大工事中の
 中国義烏仕入れの中心地 福田市場

692.jpg

3月半ば中国義烏に仕入れで行ってきました。

中国の発展は目覚ましく、世界の商品が生産されてるといっても過言ではないくらいですが、
そのなかでも巨大マーケットとして注目されてる義烏(イーウー)の福田市場を再度、訪れました。

ホテルに帰ってテレビを見ずに、インターネットに接続できるかトライ。

つながりましたが、全然遅いのでイライラします。

日本からLANケーブルを持っていくことをお薦めします。


そんないらいらを紛らわしてくれるのはいつも食事ですね。

日本から持ってきた商品の資料を読んでいたら自然と眠くなりました。

朝起きてみて、あ〜また、中国にいるんだなと感じました。

土曜日ですが市場は開いてますので朝早くから出発です。

両替をしておこうと中国銀行へ行く旨を通訳さんに話しました。

今日も三万円かな。あれ。やっぱり時差ぼけ?

通訳さんから今日は土曜日で銀行がすべて休みなので両替はできないという答えが返ってきました。

なんか周りを見たら違う外人がドル紙幣を出し両替しようとしてました。

なんとか日本円の両替はホテルで可能なので一応、安心です。

タクシーに乗り込んで福田市場に向かいました。

正面Aから入り、見回していくと、10月に展示会があったので
見たことがない商品が何品か並んでいました。

何度も来ているのであまりおもしろい、興味があるものはなかったのですが、
中国では新しい商品を集めたような感じでした。

一通り見て回ったのでが、違う市場に行きました。

その市場は福田市場と道路を挟んだような場所にありました。

とても沢山の小さなお店がひしめいている
アクセサリー専門の市場でした。

そんなに面白くなかったので
もう一度、福田市場へ向かうことにしました。

車でぐるりと一周したような感じでしたが、前日とは全然違った入り口に来ていました。

ここは、バッグなどのお店が集まっているFの建物です。

中へ入ってみますと、本当にどのお店もバッグの店ばかりでした。

一軒づつ丁寧に見ていきましたが、
なかなか気に入ったバッグも見つかりませんでした。

お昼も近づいてきていましたので、バッグはあきらめようかと思った矢先、とても素敵なバッグを飾っているサプライヤーがありました。

早速中へ入ってみますと、オーナーらしい女性もいました。

展示しているバッグから、良さそうな種類を何点か選び値段とロットをたずねました。

ロットは1種類につき30個、今までのメーカーを考えるとずいぶん少ない数です。

値段もまずまずでしたので、オーダーすることにしました。

30個完売したらまた注文を入れようと思います。
posted by garkunroborobo at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2008年05月04日

中国・義烏仕入れの感想と概要

▼福田市場に向かう市バスの中から
6911.jpg


義烏で何を仕入れるか?

何でも問屋街で、何でも有ります。

福田市場(フーティエンシーチャン)

中国小商品城、賓王市場、針織市場、家具市場、眼鏡市場、建材市場、農貿市場、各種問屋街に分けられます。

福田市場(フーティエンシーチャン)
中国小商品城、賓王市場、以下の市場は名前で表されているので説明を省きます。

義烏で外せないのが福田市場(A〜H)で、
一期(A〜E・中国義烏国際商貿城ともいわれる)と
二期(F〜H)に分けられるくらい大きいです。

義烏の街自体が大型ショッピングセンターが沢山並んでいる
商店街のイメージなので、タクシーで
「福田市場のAへ」と言って行く感じです。

簡単に取り扱い商品を取り上げると、
福田市場一期では玩具やアクセサリーや季節行事用品、
二期は金物、家電、袋など。

中国小商品城はファッション小物、日用雑貨、
賓王市場は食料品、繊維品などです。

市場へ入ってみると日本の100円ショップへ行った気分になれます。

実際、100円ショップの商品自体に
「MADE in CHINA」と刻印されています。

ここから日本へ来ていても不思議な事は有りません。

たくさんの雑貨の中から最高の宝物を探す。

一攫千金を狙う博打心も、少年の日の冒険心も、
ちょっとでも安い物買いの結局銭失いしてしまうオバさん心も
ワクワクさせる所です。

中国国内で流通しているものが揃うと言われるほど
様々な商品を扱った専門問屋が集まっている、
少数から大量の個人から商店でも可能な単位で購入出来る、
安さが売りの中国商品が更に安値で手に入る、
注目されはじめてまだまだなので開拓価値があるのが、
義烏マーケットに人々が注目する理由のようです。


もともと、中国国内向けの卸問屋街といわれていた義烏。

デザインや品質が中国向けのものが多く、
品質的には悪い物も有ります。

また、現地で商品発送され届いた物を見れば
偽物や不良品ならまだまだましでです。

交渉時も基本的に中国語なのこちらの条件が曖昧だと安いはずが
高く更に不要な経費を取られていても
気が付かない事もあるようです。

なので、現地ガイド付きツアーで良品の問屋に案内してもらい、
自分の目で確かめた後、正確に交渉条件を伝えてもらった上で
仕入れるのが安心なのではないでしょうか?
posted by garkunroborobo at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2008年01月25日

今年の春の義烏仕入れツアー

▼義烏(YIWU・イーウー)のハードケースのサプライヤー
 ガラス板の下に自慢の商品をレイアウト
CIMG0305.jpg

今年、第一発目の中国仕入れは
3月20日からになったようです。

「なったようです」って書くのは、
前回まではWEB関係はパートナー、
私がエアの手配、仕入れ指導、現地とのやり取り、
コンサル、集金、連絡などを担当していました。

しかし、自分のサイト製作や書籍の執筆やセミナーなどで
実務が出来なくなってきたので、
やる気のある方に全てお任せした形になりました。

やはり、1人では貿易は無理だったようです。

もちろん、仕入れやコンサルは継続しますが、
かなりいい感じに運営していけそうです。

こんな感じで適材適所で上手くやっていくのが
中国仕入れ成功のカギだと言えるでしょう。

たまに単身で義烏に乗り込んで、1人でも出来るか?という
質問を受けますが、何とも言えないのが現状です。

posted by garkunroborobo at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年12月05日

続、現地の携帯電話事情

▼現地で借りたプリペイド式のチャイナモバイル
P1010348.JPG



中国・義烏では日本人でも、SIMカード(シムカード)の携帯や
プリペイド携帯の契約が出来ます。

本体はノキア(NOKIA)製が多いようです。

通話の他、大体、メール機能、計算機、時計など付いており、
中国がわからなくても、イジっていれば、すぐになれます。


最近はCHINAモバイルを契約してもいいかなぁ〜とも思います。

渡航回数が増えてきたので。


流石に中国で携帯からネットが繋がっても、
中国語がわからないと使えませんが・・・

現在、仕入れツアーの際はプリペイド携帯をレンタルしてます。


街のいたるところにある売店で50元のプリペイドを買えば、
その場でチャージしてくれるので、すぐに使えます。


ここで注意点。

携帯を失くすと、SIMカードを入れ換えて、
第三者にすぐに使われてしますので、絶望的です(T.T)

ちなみにソフトバンク、ドコモは
携帯本体の設定と契約内容次第で、
日本の番号で、メール、通話、ネットが使えます。


料金は高額なので、使いませんが・・・
posted by garkunroborobo at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年11月10日

仕入れ前の日本国内での市場調査

▼リアルショップでの商品検索は重要です!
P1010953.jpg

●その1 ファッッションビル

渋谷1●9、新宿ア●タ、船橋ら●ぽーとなど
ファッションビルなどには女性用(10代から20代向け)のテナントが多数あります。

自ら、調査に行っていますが、本当に義烏にいるような気分になります。

意外や意外!中国の香りぷんぷんです。

それも一見、アメリカ雑貨やヨーロッパ製のような
趣で中国製品が売られています。

自分がやっているのは、店員を捕まえて
「一番売れているのはどれ?」「原産地は?」と聞いて回ってます。

少々、強引ですが、お金を稼ぐ為なら仕方ないと割り切ってます。


●100円ショップ

ここで売るらているのは仕入れない!という見方で検索中。

第一回の仕入れである商品をロット買いした方がいたのですが、
それに近い商品が100円ショップで売ってました。

現在の100円ショップには100円、300円、500円、800円、1000円均一を
価格レンジバリエーションが豊富です。


●大型家電店

周辺機、備品の平均価格調査ができます。



1人でもいいですが、仕入れとは関係ない人に
意見を聞きながら回るといいかも??
posted by garkunroborobo at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年11月08日

中国製の衣類・アパレル

▼この古い市場は福田市場に移動する予定
P1010306.jpg

中国製の衣類・アパレルですが、
日本で売っている安いもののほとんどが
中国製・南米製・東南アジア製なので、同じ商品を安く仕入れられると勘違いしがちですが、全部がそうではありません。

日本で売られている海外製商品はそのほとんどが
日本のメーカーや大会社が、
契約した工場で、独自で作っているので、
このようなものは中国内に出回る事はほとんどないのです。

アウトローで売ってしまってるケースもありますが。


中国人向けのものは、クオリティーが低く、
とても日本で売れるような商品ではないそうです。

日本人はクオリティーに拘りますし。

週刊誌やオークションに出ている衣料品など
10枚〜30枚と言う極小ロットで満足の行く商品を
手に入れる事は難しいです。

義烏・福田市場にアパレルのコピー品はあまりないですが、
上海などで売っているブランド品は
ほとんど商品は偽物が多いと現地の方も言っていました。

昔からの市場にアパレルもありますが
デザイン的に一昔前のデザインが多いのであまりお薦めできません。
posted by garkunroborobo at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年11月02日

検索時間に稼ぎは比例

意外とやってない方も多いですが、
検索時間に義烏(YIWU・イーウー)仕入れの稼ぎは比例します。

渡航までは、暇さえあれば検索って感じです。

最低限、このくらいはやらないと稼げまませんよ。

世の中、そんなに甘くはないです。


オークファンで眼がクラクラするくらい検索すれば
何か中国製品で稼ぐ秘訣がわかるはずです。

あとは若い人向けのファッション雑誌をひたすら読んで
スクラップブックにしておくといいですよ。

http://aucfan.com/

検索時間に稼ぎが比例します。



あとリアル店舗めぐりですかねぇ〜。

ディスカウントショップ・カーショップなど・・・


先日は大手家電店に行きました。


ラ●コ●●リが4000円で売っていました。

アレも1,980円で売ってました。

B●●も安いですね。


これら全部、中国製品です(驚き!)


こんな感じで1日5個でも10個で中国で売ってそうな商品を
探していくのが稼ぐコツです。


稼いでいる人ほど、このマメな作業を積み重ねています。

真実は地味です。
posted by garkunroborobo at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年10月26日

福田市場で仕入れが出来るアイテム

▼福田市場の平均的なサプライヤーのブース
P1010255.jpg

一店舗当たりの売り場面積は狭小ですが、
ものすごい数の商品が展示されており、
家電製品、繊維製品、日用品、食品、
文房具、工芸品、アクセサリー、化粧品、玩具、
スポーツ用品、インテリアもの、などたくさんです。

多くの商品は義烏市で生産されているのです。


訪問者数は1日平均15万人といわれるイーウー。

卸売市場は総売り場面積は50万平方メートル、
店舗数は約26,000店、従業員約7,000人。

アイテム数10万点といわれます。

市と政府も商業貿易都市をめざし、
市場ビルの建設など積極的に街づくりを進め
日用品雑貨市場の育成を中心に、
「中国小商品城」を核として
「福田市場」などの卸売市場が近年急速に発展し、
現在ではアジア最大の規模にまでなりました。
posted by garkunroborobo at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

中国・義烏での仕入れ方

▼こんなのもロットで大量仕入れとなります
IMG_8825.jpg

この巨大卸売り市場の特徴は
小ロットのカートン単位の仕入れが基本である事。

交渉によっては数個単位でも可能な事。

世界にも類のない中国最大の卸売り市場である事。

一つ一つの卸店舗にはショールームがあり、
工場直営や卸専門の会社で運営されている事などです。


義烏・イーウーは卸市場ですが、
ロット数、価格はお店により違いますが
小ロットでも対応してくれます。

金額に関しては小ロットの場合は金額交渉をしても
なかなか下げてくれないので
購入する商品が決まっている場合は
お店を多く廻った方が良いですね。

ロットで購入していると
ネットでも売れているものの
はけが悪く在庫になっているものは
フリマに行くと結構さばけ 
ネットよりも高値で売れる場合もあるそうです。

ネットでは2週間に1個しか売れないのに 
フリマで売ると1日で10個売れ
価格も1・5倍高く売れたりと。

大型フリマでは、お店をしている人
個人事業主の人、中小企業の在庫処分と
商売をしている人がかなりいるそうです。

出展している人は時間を作り
他の人が売ってる物を見に行くそうです。
posted by garkunroborobo at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年10月09日

中国仕入れに付き物の「中抜き」

▼中国仕入れは信頼関係が一番です!
CIMG0349.jpg

中国関係でなかなか忙しくて、
タイも半年行ってないので恋しくなってきました。

今、義烏(YIWU・イーウー)でやっている別注品などを
タイのほうでもやりたいと考えています。

モノにもよりますが物価はそれ程変わらないという感覚です。

むしろタイのほうがホテルや交通費は安かったりします。


中国仕入れに付き物の「中抜き」が気になります。

こちらに提示する金額と実際の金額に差があり、
差額をマージンとして抜くやり方です。

こちらが判らないと思って、
いい気になってると、ギャフンと言うハメになるのですが(苦笑)

こちらもビジネスですから、あまり甘くないですよ。

義烏(YIWU・イーウー)は田舎なので、
まだ少ないですが、大きな取引になれば確実に抜かれますね。


やはり、信頼できる人間を雇うのが一番かもしれません。


今年は11月、来年は旧正月の関係で3月に
中国・義烏(YIWU・イーウー)に行く予定です。

今年、後半で3回目の渡航になります。
posted by garkunroborobo at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年09月09日

義烏で仕入れて失敗したもの

▼福田市場内は足で稼げ!
IMGP0617.jpg

前回の義烏仕入れの失敗例です。。。。

反面教師の登場です。



#体重計  

体脂肪計ナシはきつい(マイナス5000円)


#セクシーランジェリー(アダルトグッズ)

ドル箱かと思ったが、参入者多数でプラマイゼロに持ち込むのがやっとか?


#PC備品  

日本のほうが安い

・USB掃除機     (+200円)
・USBカップウォーマー(+200円)
・WEBカメラ      (+700円)
・USB4連ハブ    (プラマイゼロ)

と不振で持って帰るだけ無駄かもしれません。


しかし、前回、義烏でアレだけ購入してマイナスが5000円だけなら
マシですね〜〜

今回は上手に義烏仕入れを攻略します。
posted by garkunroborobo at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年08月22日

中国・義烏(YIWU・イーウー)仕入れとヤフーオークションの関係

▼はじめて渡航したオークションバイヤーの方
 と一緒に現地で乾杯!

IMGP0746.jpg

中国・義烏仕入れで儲ける方法が段々わかってきました。


突然ですが、簡単な比較のクイズを出しますね。


ラーメン1杯 4元


何でこんな価格をお見せしたと思いますか?

これは中国での平均的なラーメンの価格で
4元=66円 日本の10分の1ですよねぇ〜

日本と中国では、これだけの通貨の差があります。



一日の取引金額 約200億円以上
会員数 約500万人以上



こちらはヤフーオークションの公式データです。

現在でも増え続けています。

これだけのマーケットですから
安く仕入れて販売すれば、必ず儲かります!


ヤフオク等オークションサイトには購買意欲の高い人が集まっています。

つまり・・・

買いたくてしょうがないのです!!!


・飢えた野獣の檻に生肉を投げるような感覚
・ピラニアがいる池に餌を放り込むような状態

と言えるでしょう。



さらに・・・

中国・義烏(YIWU・イーウー)仕入れで、仕入れ単価をおさえられれば、
必ず、大きな利益を上げることができます。


では、義烏の何処で仕入れればいいのでしょうか?

誰でも簡単に、しかも安く仕入れをできる場所はいえば・・・


福田市場です。


とても一日では回りきれない程の店舗が入っており
企業はもちろん、個人でも色々な品物を仕入れる事ができます。


机上の空論では意味がありませんので
実は私達が講師を務めるEISの会員さん数人に
モニターとして渡航してもらい、7月下旬から実践してもらいました。


はじめての中国仕入れにも関わらず、順調に利益を出し続けております。

そう、あなたにも出来るんです。



貴方もこの方法で稼ぎませんか?

これだけの利益を叩き出すことが可能ですから
やらない理由はないと言えるでしょう。


みなさんに中国仕入れの魅力をしってもらい、確実に稼いでもらういたいと思ってます。
posted by garkunroborobo at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年08月19日

日本からの追加注文について

▼義烏仕入れの中心地、福田市場一期の入口
? 052.jpg

義烏は卸市場なので、気になるのが最低ロット数です

欲しい商品があっても
ロットが多いと「日本で売り切れるのか?」と気になっています。


しかし、我々のような個人バイヤーに嬉しいお知らせがあります(*^.^*)

最近は義烏でも小ロットでも対応してくれる会社・サプライヤーが増えてきてます。

驚く事に交渉次第で1つからでも購入する事が出来ますので
気になった商品はサンプルとして購入するのがお勧めです。


サプライヤーも福田市場を中心に沢山あるので、
もし、そのブースで小ロットのサンプル買い出来なくても
別のブースに同じ商品があったりしますので、再度、聞いてみてください。


あるお店では最低ロットが100個からじゃないと売れないと言われたのに
3軒隣の店では12個でも売ってくれる場合があります(^^)

ケッコー、アバウトです(苦笑)国民性でしょうか???

単価もサプライヤーにより、多少、違うので、
同じ商品でも何件かお店で単価とロットを確認してください。


義烏に行ってサンプルで少しだけ買って、
高値で売れた場合は日本から追加注文を出すスタイルが安全です。



えっ!日本から追加注文出来るんですか???


そうです!

日本から簡単に追加注文が出来るのです!!!

ですので、アテンダント選びは慎重におこなってくださいね!
posted by garkunroborobo at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年08月09日

現地でのスタッフは中国人?それとも日本人がいい?

▼中国人ガイドと日本人ガイドがWでサポート
 (写真は上海の豫園)

CIMG0406.jpg

少し前まで義烏(YIWU・イーウー)では個人では小ロットでの取引は出来ませんでしたが、
現在は可能なサプライヤーが多くなってきました。

毎日約16万人以上のバイヤーが取引してます。

日本からのバイヤーはまだ少なく、チャンスが掴みやすいです。

新しいビジネスチャンス!そこに目をつけました。


現地では2〜4名で1人の通訳をつけるのが一般的です。

商品によっては1個からサンプルとして買うことができます。


必ず大きめのスーツケースを現地で買うといいでしょう。

義烏(YIWU・イーウー)では80元〜あります。

中国の違いは言葉だけではありません。

中国語を理解できても中国人・日本人の心理が理解出来なければ取引は上手く行きません。

特に義烏(YIWU・イーウー)での仕入れを
本格的に行なうとなると尚更です。


私は現地在住の日本人スタッフさんに手伝ってもらってます。

発送・入金・交渉とすべて上手くいってます。

日本人・中国人のスタッフがいますので、安心です。
posted by garkunroborobo at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年08月01日

義烏(YIWU・イーウー)で仕入れて当った品、滑った品

▼こんなものも義烏(YIWU・イーウー)で売ってます
IMGP0701.jpg

帰国から3週間。結果が出始めている。

当ったものは4.5元=75円(人民元16.5円で計算)で仕入れたモノが
コンスタントに5000円前後で売れている。

1つ粗利益5000円ですから
10個で5万円
100個で50万円の利益になります。


しかし・・・

美味しい物ばかりではない!

USBタイプのPC周辺機はほぼ全滅。

ど〜にか原価割れを防ぐべく奮闘してます。

この辺りは中国製より台湾製がいいのかもしれません。


次回、義烏(YIWU・イーウー)に遠征したら
確実かつ、戦略的に攻めたいと思います。

やはり、小さくて、尚且つ壊れない売れ筋品を
発見する事が義烏(YIWU・イーウー)攻略の鍵となりそうだ。
posted by garkunroborobo at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年07月26日

7/26より私の友人達が義烏(YIWU・イーウー)入りです^^

▼写真は中国で売られているパソコン
1A8FC0E120104.jpg

私の友人2名が7/26より義烏(YIWU・イーウー)に入ります。

この季節は義烏(YIWU・イーウー)は37度くらいあるので
バテないように頑張って欲しいです。

7月初めに現地入りした私達も沢山食事をして
バテないように勤めました。

電話の事情がよければ、色々と買い付けを頼みたいところです(苦笑)

逆に言うと中国の携帯電話事情やネット事情・回線が
もっと良くなれば、稼げるパーセンテージも上がるということかもしれません。
posted by garkunroborobo at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年07月22日

義烏(YIWU・イーウー)に日本から別注をかける!

▼レディースファッションも熱い市場です
P1010961.jpg

青色申告の講習会の帰りに渋谷・原宿・高円寺と
雑貨屋さん巡りをしてきました。

まだコレだ!というアイデア・アイテムは浮かびませんが
何かを見つけ出しで、中国・義烏(YIWU・イーウー)に別注をかけたいと思ってます!


思いついた儲けのネタを書いてしまいましょう。

例えば、ダイエット商品。

中国/義烏(YIWU・イーウー)ではホント激安!で売っています。

しかし・・・

大手が参入しているので、同じものが日本でも山ほど売ってます。


それを少しお洒落に直して、独自のやり方で販売します。


ダイエット商品 + PDFマニュアル


更に!


夏のバカンスにまだ間に合います。

今ならエクソサイズの動画マニュアルがもれなく付いてくる!!!


こんな感じでしょうか??

ネットにどっぷりの方には、多少リアクション弱いけど
リアルの世界にブチ込めば凄いことになるかもしれない。


PDFマニュアル製作であれば、その辺の連中には
負けない自身はあるし(毎日、書いてますから!)

これなら大手にも勝てるような気がします。


最近はただ商品を売るだけではなく

「商品 + マニュアル + アルファー」を

常に考えてしまいます。


アイデアだけは沢山、沢山出てくるので
早く結果を出したいですね♪

▼ダイエット商品は熱い市場ですP1010425.jpg
posted by garkunroborobo at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年07月14日

ラオシーチャン(老市場/小商品城) ベルト・帽子・靴の市場。

▼古き良き面影のある小商品城付近で
P1010307.jpg

ラオシーチャン(老市場/小商品城)
ベルト・帽子・靴の市場です。

中国・義烏(YIWU)・福田市場からのタクシー代でタクシー代 9〜12元で行けます。

3.4年前まではここがメインの市場だったそうです。

それが福田に移り、世界中のバイヤーが集まるようになりました。

ロットは数百から千くらいの仕入れになりますが
サンプルで幾つか購入できるサプライヤーもあります。

古きよき市場の面影があります。


オーダーメイド・オリジナルブランド狙いの方にはお薦めです。
posted by garkunroborobo at 12:57| Comment(0) | TrackBack(5) | 仕入れについて