2008年10月08日

安く中国から日本へ発送する方法を比較

中国・義烏からの荷物の発送は
EMS・DHL・船便・混載・コンテナ等が選べます。

個人バイヤーの場合、EMSでの発送となる場合が多いと思います。

この辺りも荷物の大きさや種類に応じて、
現地の商社の方や通訳さんに聞けば、
一番いい方法を教えてもらえます。

やはり『餅は餅屋』です。

インターネットや書籍で調べた生半可な焼き付け刀の知識は
ここでは通用しませんので現地の方のアドバイスを
素直に受けるのが送料を抑えるコツです。

・個人でも容積の大きい物が多い場合は混載
・商社クラスの大ロットでの輸入はコンテナ
・20〜30sだとEMSかクーリエ(配送業者)を使うのがドア・トゥー・ドアで便利
・スーツケースに入るものなら29個までハンドキャリー

信頼のできる現地商社や通訳さんであれば、
このようにケースバイケースで
親身になってアドバイスしてくれます。


国際郵送はDHLが業界最大規模で展開しており、
世界的に有名ですが、義烏にはDHLに対抗するように
安くて便利なローカルのクーリエ(配送業者)が数多くあります。

私の経験では、今のところ、
中国のローカルクーリエを使っても100%荷物は届いているので、
自分に合うクーリエ業者で見積りを取って探すのが良いでしょう。

個人バイヤー・ネットショップの方はEMS・クーリエ
または混載での発送が主となるでしょう。

EMSよりクーリエのほうが若干安いケースが多いです。

発送だけであれば、どんな物でも可能です。

しかし、日本に持ち込めない品も多数販売されています。

例えば、小刀・違法ソフト・コピー商品などです。

これらも送ることは出来ますが、税関で調べられ、
荷物を開けられた場合、全部焼却処分となり
その費用も貴方の負担になりますので、
危ない橋は渡らないのが懸命です。

これは他の国からの輸入でも同じことが言えます。


『ネットショップ&ヤフオク
     海外仕入れの達人養成講座』

に更に詳しく書いたのでお読み頂ければと思います。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4798116629/kawaseihinsei-22/ref=nosim 


510jz6a8mRL__SL500_AA240_.jpg
posted by garkunroborobo at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

2008年05月04日

中国から日本への商品発送の注意事項

▼急ぎの荷物は郵便局から国際宅急便も利用できます。
691.jpg

国際郵送はDHLが業界最大手で有名ですが、
義烏には便利なローカルのクーリエ(配送業者)が数多くありますす。

自分に合うクーリエ業者で見積りを取って探すのも良いでしょう。

個人バイヤー・ネットショップの方はEMS・クーリエ
または混載での発送が主となるでしょう。

発送だけであれば、どんな物でも可能です。
しかし、日本に持ち込めない品も多数販売されています。

例えば、小刀・違法ソフト・コピー商品などです。

これらも送ることは出来ますが、税関で開けられた場合、全部焼却処分となり
その費用も貴方の負担になりますので、危ない橋は渡らないのが懸命です。

市場内で注文したブースに在庫がある場合は
宿泊しているホテルに購入した商品を届けてもらいます。

ここで気をつけなければいけないのが
帰国日前日までに梱包を済ませておかなければいけません。

サンプル(20個程度)以外で購入した商品は
出発日の前日までにホテルに届けてもらいます。


しかし・・・

中国の場合、ホテルへのデリバリーもやはりいい加減です。

なかなか約束した時間に現れません。

国民性・お国柄といいますが、そんな感じです(苦笑)

何時までに届けて欲しいと言っても、時間通りに届かない時もあります。


EMS・船便等、郵便局にお願いしても、これまた時間に遅れる場合もありますので
時間に余裕を持っておくのが重要です。


郵便局の職員も中国語しか通用しないので、通訳さんにお願いする方がベストです。 

posted by garkunroborobo at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

中国から日本に商品を発送する方法について

▼中国国内を運ばれていく荷物達
613.jpg

中国・義烏からのEMS・DHL・船便・混載・コンテナ等が選べます。

個人バイヤーの場合、EMSでの発送となる場合が多いと思います。

この辺りも荷物の大きさや種類に応じて、現地通訳さんに聞けば、
一番いい方法を教えてもらえます。

やはり『餅は餅屋』です。

生半可な焼き付け刀の知識はここでは通用しませんので
現地の方のアドバイスを素直に受けるのがコツです。

●個人でも容積の大きい物が多い場合は混載
●商社クラスの大ロットでの輸入はコンテナ
●20〜30sだとEMSかクーリエ(配送業者)を使うのがドア・トゥー・ドアで便利
●スーツケースに入るものなら29個までハンドキャリー

信頼のできる通訳であれば、このように親身になってアドバイスしてくれます。


国際郵送はDHLが業界最大手で有名ですが、
義烏には便利なローカルのクーリエ(配送業者)が数多くありますす。

自分に合うクーリエ業者で見積りを取って探すのも良いでしょう。

個人バイヤー・ネットショップの方はEMS・クーリエ
または混載での発送が主となるでしょう。
posted by garkunroborobo at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年12月14日

輸送コストを安くする方法。

▼クーリエ発送時についている伝票
kurie.jpg

中国で仕入れた商品を安く輸入する方法は
皆さん気になるところです。

中国仕入れ自体は、確実に安く出来ますが、
日本までの発送を上手くやる必要があります。

個人など仕入れで、大きな荷物があまりない場合、
揃い次第、EMSもしくはクーリエ(配送業者)での
発送を選ぶ事になります。

キロ計算なので、荷物の数が増えても送料は変わりません。

EMSで21〜26元(1KG)クーリエで約22元(1KG)です。

この他、別途手数料などが掛かります。

大きな荷物が沢山ある場合、コンテナ、混載のほうが安くなりますが、
日本での輸入を手伝ってもらってる社長と相談の上、
このような感じになりました。
(コンテナなど通関などは、法人だけで、個人では全く相手にされないので)

仕入れた商品全体の重さ、容積、通関手続きのなど経費を
トータルで計算するとコンテナ、混載より安くなる場合があります。


これを考えると、個人バイヤーの場合、
ドアートゥードアのEMSもしくはクーリエのほうが、
結果的に安くなるケースが多いようです。

ですので、リピートでガッチリ大量に仕入れる場合は
コンテナ、混載などのほうが割安になりますが、(品目も少なく通貨手数料も割安)
調査での仕入れ=多品目、小ロットですと、
ドアートゥードアのEMSもしくはクーリエのほうが
安くなるそうです。

エアカーゴで輸入して自分で通関するやり方もあります。

荷物の大きさによって、ケースバイケース&フレキシブルな
対応がこの輸送コスト問題を解決する決め手になります。
posted by garkunroborobo at 01:21| Comment(35) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年12月08日

EMSでの日本への発送の注意

▼税関からのハガキ(実物)
custom.jpg

中国から日本へ比較的小さい荷物を発送する場合、
早く、補償付きのEMSを使うケースが多いかと思います。

EMSは現地から自宅まで、ドアトゥードアで便利ですが、
注意事項があります。

9.11のテロ以降、高い確率で荷物検査があります。

その場合、税関よりハガキが来て、
インボイス等の提示を求められます。

インボイス等の提示がないと荷物が届きません。

そのインボイスを製作する場合、
送ったEMSの箱の中に何がいくつ、
単価までキッチリ記載する必要があります。

現地でパッキングする場合、
その辺も記録しておかないと後々面倒になります。

クーリエや混載の場合は必ず必要になりますが、
EMSは忘れがちなので、気をつけたほうがいいでしょう。
posted by garkunroborobo at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年11月08日

輸入許可が降りない商品

▼スポーツ練習用のヌンチャクは武器扱いとなります!
punkglory1970-img600x126-1194961849p1010749.jpg


通関業者から連絡ありまして、
義烏かた仕入れた商品のうち、輸入許可が降りない商品がありました。(涙)

結構、キラーアイテムだったのに・・・

他にもファーとかボア、PSEマークが取得できない家電などは通関で引っかかりNGになりやすいです。

この場合も焼却処分などの選択をするになります。(量にもよりますが、数万円の実費)


今回の場合、

●上海へ返送
●滅却(焼却)処分
●通産省で輸入許可を取って輸入

究極の選択をしなくてはいけません。


いずれにせよ、この中から処理を行わないといけないのですが、
現時点でコスト的に検討して最善の方法が滅却処分!

上海港へ送り返すのは、経費の問題上、事実的に難しく
輸入許可を取る場合でも、コンテナヤードの使用料も発生します。


仕入れセミナーでお話したアレなんですが、
初めて税関で止まりました。(コンテナ混載)


焼却処分になりそうです。。。。。

80個あったので、送料、焼却代など全部で5万円くらいドブに捨てたことになります。

仮にEMSやハンドキャリーで輸入したとしても
大掛かりな捜査が入ると、大変な事になります。

この辺りも基本的に仕入れる前に現地アテンダントと相談してから
仕入れるので大丈夫ですが、稀にこんなこともあります。
posted by garkunroborobo at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年10月06日

中国の国慶節で義烏からの品物到着が遅れます。

▼こんな活気のある市場もしばらくお休みです
P1010726.jpg

中国は10月1日から8日まで国慶節という
建国記念日で休みです。

これはコアな情報です。

日本とは違うので仕方ないでしょう・・・


建国記念日で1週間のお休みか〜

日本では考えられない。。。。

しかし、これは日本でいうお盆休みみたいなものらしいです。


10月は義烏(YIWU・イーウー)の
展示会もあるので、荷物もテンテコ舞になるんでしょうか?

急ぎの品はないので、ゆっくり待ちましょう。

輸入ビジネスにはつきものですね。
posted by garkunroborobo at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年08月19日

個人での発送はEMSがお得でロットが大きくなれば・・・・

▼サプライヤーの伝票も失くさないように!
meisai.jpg

義烏で購入した商品をどのような形で日本に送るのか?

皆さん、どの方法が安くて、確実に到着するか分かりますか?


ここで間違えると利益が出る品でも、利益率が下がります。


私が信頼のできる現地日本人スタッフに聞きました。



まず商品がそれ程、多くない場合
EMSの料金が以前より、だいぶ、安くなりましたので
多くない場合はEMSをお勧めますとの事。

EMSですと、荷物の保障も付いてるので、万が一の時にでも安心です^^


EMSは1週間位で到着します。


若干、割安な船便もありますが、到着日数は1ヶ月位で
保証が付いておりません。



両方ともインボイスを書いていない場合は
管轄の税関で商品をほぼ開封されます。

場合によっては通関税を徴収されます。


梱包の大きさによっては開封されない場合もあります。


重量・容積が大きくなったら、混載で送った方が断然安くなります。

前々回は混載でしたので、大きな品も沢山、注文しました。



全ての場合、商品を置く場所を国内で確保しないといけませんが
今回は小さめの商品に狙いを定めました。

小さいほうが送料も安くて、保管場所にも困りませんからね。


本当はオートバイのグッズなどで粗利益が高い品なども
沢山、個人輸入したかったのですが、保管場所の問題で保留中です。


個人場合、まずはEMSでの発送がお薦めです。
posted by garkunroborobo at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年07月30日

原価が安くても、これだけの経費が!

▼写真は両替レートのいい中国銀行から見た
 福田市場の風景

CIMG0356.jpg

例えば
プラスチック製品@100個×50元 計5000元に
以下の金額が日本までの送料として掛かります。

●送料EMS→10400元 (1個4KGにて計算)


●空輸の場合 

義烏→上海       600元 (3㎥)
上海→成田      4000元 (10元/KG)

上海→大阪      3600元(9元/KG) 時期により前後あり

現地生産書証明書    100元 

計3700元〜4700元


●船便(コンテナ)の場合 混載/FOB

義烏→東京  500〜800元  (本船代金は含まず) 時期による
現地生産書証明100元 

計600元〜900元


EMS以外は国内送料が含まれておりません。

実際は通関税+成田(もしくは港)から
保管場所までの送料も発生します。

いずれにせよ稼ぐのであれば
運送システムも確立しなければならない。
posted by garkunroborobo at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年07月06日

日本への発送はEMSが当たり前?

▼重量のある商品は送料だけでも高額
1A8FC0E120064.jpg

中国・義烏(YIWU)から日本への発送は、混載から、コンテナから、業者多数。

安全面を考えると
やはりEMSが安いです。(安全性も高い)

EMSより安い船便もありますが、保障がなく、時間が掛かる。

普通に送るとEMSは高いのですが、
日本向けの安い契約があるそうです。

義鳥市内だけでも20箇所近く
EMSを受け付けてくれるところがあるそうです。


しかし、素人は通訳さんが発送までやってくれる
業者さんに頼むのが手がかからなくていいです。

具体的には現地中国・義烏(YIWU)商社に通訳を1日頼み、買ったものはその商社の通訳の人に 手配をお願いする方法です。

EMSとDHLと船便の金額と特徴の違いを教えてもらい、その中で一番安い会社契約の料金で送ってもらう方法です。


EMSですと30kgでも2万円弱です。

250kg以下なら、EMSの方が安いく
250s以上はコンテナの混載便が安い。

コンテナの場合もやはり、壊れた時の保障や
防腐剤を入れるとか色々と事細かく確認する事が多いと聞く。

そうしないと雑に荷物を扱われる。

遥々、海外まで買い付けに行くのに・・・・


色違い、モノ違いが返送するだけで
こちらが赤字になると聞く。


発送代行業者とは、万が一の場合どこまで責任を持つか?
その辺の話をトコトン決めてから契約しないといけない。

かなりハードな仕事になります。

中国・義烏(YIWU)は一筋縄ではいかないです。
posted by garkunroborobo at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送