2008年06月12日

中国の銀行での両替と両替屋の存在。

▼両替後は金額の確認を必ずする事
698.jpg

義烏(YIWU・イーウー)の両替の所では
両替屋さんが存在します。

銀行の周りにたむろしていて、
ドル、ユーロ、円、その他にも対応しています。

彼らは名刺を配っており、電話で
「何時に何万円両替したいから銀行に来てくれ」
と伝えると、その時間に行くと彼らがいて
その日のレートを一緒に見て銀行のレートより
多少上乗せして両替してくれます。

待たなくていいので
現地の日本人の方はよく使っているようです。

旅行者が個人では難しいかも知れませんが、
イーウの業者は皆知っていますので、利用しているようです。
posted by garkunroborobo at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国での両替について

2008年02月12日

中国の通貨は”元”

▼外国人の両替はパスポートが必要
pass.jpg
▼両替所にて
P1010214.JPG

元・ゲンの他、人民元とも呼ばれる事もあります。

元の単位の下に角・ジアオと分・フェンという単位があります。

・1元=10角=100分

・100円=(10円×10枚)=(1円×100枚)

こんな感じで書くと判りやすいかもしれません。


元の外国への持ち出しは法律上禁止のされているため、
両替・再両替は現地で行なうことになります。

両替できる場所は空港内の中国銀行かホテルのロビーになります。

日本人が両替する場合、
パスポートのコピーが必要になる場合もあります。

両替する前に必ずレートを確認して下さい。

ホテルでの両替は、宿泊客のみに行なっているサービスで、
最高額が1万円など限度が場合が多いです。

両替レシートや明細書は、日本円に再両替する際に
必要なので失くさないように。

銀行は平日の4時までで土日はお休みですので、
スケジュールを頭に入れて両替していくのがコツです。
posted by garkunroborobo at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国での両替について

2007年12月02日

変動が激しい中国人民元と日本円の関係

現在のところ、義烏で仕入れた商品の支払は現金のみです。

もちろん人民元で払うので、我々日本人バイヤーは
両替が必要になります。

2007年後半のレートは、
7月半ば、1元=約17円、
9月後半、1元=約16円、
11月後半、1元=約15円でした。

国際送金して気付いたのですが、
1円違うと10万円で15000円も差が出たりします。

現地にいると感覚が麻痺します。

今後、どうなるか誰にもわかりません。

15円で113万円両替するとこんな感じです。

ちょっとした大金持ちも気分です^^

▼100万円両替するとこんな感じです^^
ssokuman7.jpg
posted by garkunroborobo at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国での両替について

2007年07月13日

義烏での日本から中国元への両替は?

▼中国の銀行にて
P1010214.jpg

義烏・YIWUでの日本から中国元への両替は

1 現地銀行

2 空港

3 ホテル

4 日本の空港

の順でレートが高くなります。


気をつけたいのは現地銀行の営業時間です。

両替できるのは午後4時まです。


ホテルでの両替は1人1万円までのホテルが多いです。

東南アジアによくある遅くまでやってる両替屋さんは
中国・義烏(YIWU)にはないのでご注意を!!


カードでのキャッシングはできますが手数料が掛かりますし
カード払い出来る店はほとんどありません。


現金両替は上記の4つしか両替手段がないと考えていいでしょう。

いつも所持金と使う金額を把握しておくといいでしょう。
posted by garkunroborobo at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国での両替について