2007年12月29日

義烏に行く前の日本での下調べ

東京ドーム数個分の広さがあると言われている
義烏(YIWU・イーウー)の福田市場ですが、
事前に何を仕入れるのか、調べておくべきです。

5〜7日くらいの滞在では
とても福田市場のサプライヤーを網羅する事は出来ません。

いったいどうのように行った事もない
福田市場での取り扱い商品を調べればいいのか?

どんな商品を仕入れる事が出来るのか?


日本語表示のいいサイトがあります。



●アリババ
http://www.alibaba.co.jp/


こちらのサイトにある雑貨などの商品は義烏(YIWU・イーウー)で
仕入れることが出来そうです。


何度も現地に行っている私でさえ、
このサイトを見てると面白い発見があります。

仕入れ渡航に向けて、調査するといいかもしれません。
posted by garkunroborobo at 01:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 義烏の情報収集

2007年12月14日

輸送コストを安くする方法。

▼クーリエ発送時についている伝票
kurie.jpg

中国で仕入れた商品を安く輸入する方法は
皆さん気になるところです。

中国仕入れ自体は、確実に安く出来ますが、
日本までの発送を上手くやる必要があります。

個人など仕入れで、大きな荷物があまりない場合、
揃い次第、EMSもしくはクーリエ(配送業者)での
発送を選ぶ事になります。

キロ計算なので、荷物の数が増えても送料は変わりません。

EMSで21〜26元(1KG)クーリエで約22元(1KG)です。

この他、別途手数料などが掛かります。

大きな荷物が沢山ある場合、コンテナ、混載のほうが安くなりますが、
日本での輸入を手伝ってもらってる社長と相談の上、
このような感じになりました。
(コンテナなど通関などは、法人だけで、個人では全く相手にされないので)

仕入れた商品全体の重さ、容積、通関手続きのなど経費を
トータルで計算するとコンテナ、混載より安くなる場合があります。


これを考えると、個人バイヤーの場合、
ドアートゥードアのEMSもしくはクーリエのほうが、
結果的に安くなるケースが多いようです。

ですので、リピートでガッチリ大量に仕入れる場合は
コンテナ、混載などのほうが割安になりますが、(品目も少なく通貨手数料も割安)
調査での仕入れ=多品目、小ロットですと、
ドアートゥードアのEMSもしくはクーリエのほうが
安くなるそうです。

エアカーゴで輸入して自分で通関するやり方もあります。

荷物の大きさによって、ケースバイケース&フレキシブルな
対応がこの輸送コスト問題を解決する決め手になります。
posted by garkunroborobo at 01:21| Comment(35) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年12月08日

EMSでの日本への発送の注意

▼税関からのハガキ(実物)
custom.jpg

中国から日本へ比較的小さい荷物を発送する場合、
早く、補償付きのEMSを使うケースが多いかと思います。

EMSは現地から自宅まで、ドアトゥードアで便利ですが、
注意事項があります。

9.11のテロ以降、高い確率で荷物検査があります。

その場合、税関よりハガキが来て、
インボイス等の提示を求められます。

インボイス等の提示がないと荷物が届きません。

そのインボイスを製作する場合、
送ったEMSの箱の中に何がいくつ、
単価までキッチリ記載する必要があります。

現地でパッキングする場合、
その辺も記録しておかないと後々面倒になります。

クーリエや混載の場合は必ず必要になりますが、
EMSは忘れがちなので、気をつけたほうがいいでしょう。
posted by garkunroborobo at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年12月05日

続、現地の携帯電話事情

▼現地で借りたプリペイド式のチャイナモバイル
P1010348.JPG



中国・義烏では日本人でも、SIMカード(シムカード)の携帯や
プリペイド携帯の契約が出来ます。

本体はノキア(NOKIA)製が多いようです。

通話の他、大体、メール機能、計算機、時計など付いており、
中国がわからなくても、イジっていれば、すぐになれます。


最近はCHINAモバイルを契約してもいいかなぁ〜とも思います。

渡航回数が増えてきたので。


流石に中国で携帯からネットが繋がっても、
中国語がわからないと使えませんが・・・

現在、仕入れツアーの際はプリペイド携帯をレンタルしてます。


街のいたるところにある売店で50元のプリペイドを買えば、
その場でチャージしてくれるので、すぐに使えます。


ここで注意点。

携帯を失くすと、SIMカードを入れ換えて、
第三者にすぐに使われてしますので、絶望的です(T.T)

ちなみにソフトバンク、ドコモは
携帯本体の設定と契約内容次第で、
日本の番号で、メール、通話、ネットが使えます。


料金は高額なので、使いませんが・・・
posted by garkunroborobo at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年12月04日

義烏でタクシーに乗りたくても、その時間だけは捕まらない・・・

▼義烏・福田市場付近のタクシー乗り場
IMGP0744.jpg

義烏の福田市場付近で
どうしてもタクシーが捕まらない時間があります。

それは・・・

16:45〜18:00頃です。

何故かと言うと、巨大な福田市場は17:00で
全店舗の営業が終ります。

そこで働いてる沢山の方が一気に帰宅するからです。


早い店では16:00頃から、もう既に閉店の準備をしてます。

普通のメータータクシー、白タク、自転車タクシー、バイクタクシー、
全部、捕まりません。


運よく捕まえられても、
10分ほどの距離で20元〜30元も取られてしまいます。

通常5元から7元ですから、4倍くらいします。

この時間、全車メーターの使用がないのは暗黙の了解みたいです。


中国人でも一緒です。

バスも超満員です。


こんな時は帰宅ラッシュが終るまで、
近くの飲食店で、少々時間を潰すのがいいです。

5〜10元もあれば、どこでも時間が潰せます。



いつも9時から16時くらいまで、市場内を探索して
あまり遅くならない時間にホテルに戻るようにしてます。

帰宅ラッシュに巻き込まれたくない方は
16時半を回る前にタクシーを捕まえましょう。
posted by garkunroborobo at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地の交通について

2007年12月03日

杭州の空港で時間潰しする場所

▼杭州蕭山国際空港の出国ロビーauction20362-thumbnail2.jpg

▼杭州空港内のファーストフードにて
IMGP0647.jpg


杭州の空港(杭州蕭山国際空港/Hangzhou Xiaoshan International Airport)は小さいですが、出国側(=中国から日本へ向かう)に
日本でおなじみの外資系ファーストフォード店があります。

日本の店と違い、バーガーショップって感じです。

義烏の物価に慣れると、やや高めに感じますが、
他のカフェやレストランはもっと高いので、
仕入れ目的の個人バイヤーはここを利用する機会が多くなるでしょう。

出国やチェックインのフロアの1階下のフロアの奥にあります。

空港で使う荷物用のカートを押して、入場はできませんので
ご注意下さい!

場所がわからない場合、インフォメーションカウンターで聞くと
たどたどしい英語で教えてくれます。
posted by garkunroborobo at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 空港について

2007年12月02日

変動が激しい中国人民元と日本円の関係

現在のところ、義烏で仕入れた商品の支払は現金のみです。

もちろん人民元で払うので、我々日本人バイヤーは
両替が必要になります。

2007年後半のレートは、
7月半ば、1元=約17円、
9月後半、1元=約16円、
11月後半、1元=約15円でした。

国際送金して気付いたのですが、
1円違うと10万円で15000円も差が出たりします。

現地にいると感覚が麻痺します。

今後、どうなるか誰にもわかりません。

15円で113万円両替するとこんな感じです。

ちょっとした大金持ちも気分です^^

▼100万円両替するとこんな感じです^^
ssokuman7.jpg
posted by garkunroborobo at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国での両替について

杭州から義烏(YIWU・イーウー)へ

成田から3時間半前後フライトで
杭州の空港(杭州蕭山国際空港/Hangzhou Xiaoshan International Airport)へ着きます。

各種入国手続きを終えると、
インフォメーションカウンターがいくつかあります。

そこは少しの英語が通じるので、
義烏行きのバス発着所を聞き、外へ出ます。

プレハブのようなバスチケット売り場がありますので
「義烏・YIWU・イーウー・ギウ」など
言えば簡単な英語で次のバスの時間を教えてくれます。

大体、1時間おきに出ています。

ちなみに60元で福田市場近くのバスターミナルに着きます。

タクシーの場合、250元〜350元ほどです。

人数が集まれば、タクシーやチャーター車でも
交通費は変わりません。

そこから徒歩5分の「銀龍ホテル・グィンロンホテル」を
よく利用してます。三つ星で一泊200元より。

このホテルから福田市場までタクシーで約5〜10分、
A地区なら5元、H地区なら10元ほどで行けます。

このバスターミナル近くには、PCや周辺機の卸し市場もあり、
仕入れも出来ます。

この市場の夕方16時30分頃、終りますが、
飲食店やコンビニも多数あり、バイヤーには便利です。

銀龍ホテルの地下がクラブになっていて、
高層階に宿泊していても、深夜3時頃まで低音が響きます。

義烏のホテルは地下にKTVやクラブが入っているケースが多く
5つ星ホテルに泊まっても、どこもこんな感じです。

夜になるとやはり「夜の女性」がポツポツと現れるのも
どのホテルでも見られる光景です。
posted by garkunroborobo at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地の交通について

2007年11月13日

第三回義烏仕入れ隊はチームブルーオーシャンと命名

▼こんな置物も高額になる可能性も?
P1020958.jpg

義烏(YIWU・イーウー)にも必ずブルーオーシャンがある。

ブルーオーシャンとは?
http://www.jmrlsi.co.jp/menu/yougo/my02/my0222.html


今回で3打席目の義烏仕入れですが、
そろそろホームラン級の当たりを!と思ってます。

現状でも利益は取れるのだが、キラーアイテムを増やしたいところです。

そうすれば安定した稼ぎになること間違いナシです!



もちろんコンスタントに売れる商品も
平行して探しますが、憧れてますね。


現地の気候も気になります。

前回(9月)、前々回(7月)はほとんど灼熱だったのだが、
今回11月は勝手が違いそうです。


現在、ビジネスパートナーが現地入りしているので
レポートをまた書きます。
posted by garkunroborobo at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめての義烏

2007年11月10日

仕入れ前の日本国内での市場調査

▼リアルショップでの商品検索は重要です!
P1010953.jpg

●その1 ファッッションビル

渋谷1●9、新宿ア●タ、船橋ら●ぽーとなど
ファッションビルなどには女性用(10代から20代向け)のテナントが多数あります。

自ら、調査に行っていますが、本当に義烏にいるような気分になります。

意外や意外!中国の香りぷんぷんです。

それも一見、アメリカ雑貨やヨーロッパ製のような
趣で中国製品が売られています。

自分がやっているのは、店員を捕まえて
「一番売れているのはどれ?」「原産地は?」と聞いて回ってます。

少々、強引ですが、お金を稼ぐ為なら仕方ないと割り切ってます。


●100円ショップ

ここで売るらているのは仕入れない!という見方で検索中。

第一回の仕入れである商品をロット買いした方がいたのですが、
それに近い商品が100円ショップで売ってました。

現在の100円ショップには100円、300円、500円、800円、1000円均一を
価格レンジバリエーションが豊富です。


●大型家電店

周辺機、備品の平均価格調査ができます。



1人でもいいですが、仕入れとは関係ない人に
意見を聞きながら回るといいかも??
posted by garkunroborobo at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて