2007年08月19日

義烏仕入れはどのように行けばいいのでしょうか??

▼義烏仕入れの中心地、福田市場一期の入口
? 054.jpg
義烏へ仕入れに行くのはツアーが常識のようです。

しかし、個人旅行が大好きな私は、
もっと効率的な仕入れルートがないかと、自分で色々な会社に問い合わせました。


金額が安い会社

日本人スタッフがついているか?

食事はついているか? 

ホテルは? 

通訳は?

発送は?

色々な会社から見積りを取りました。

中国人経営の会社は日本語が出来る中国人スタッフだけでしたが
金額がとても安かったので、一度、そこに決めました。

メールのやり取りの他、電話のやり取り、がとてもいい感じだったのですが
最終見積りを取る段階で金額が変更のメールが来ました。

結構、いい加減です(苦笑)


その会社は支払いは現地で構わないの事で振込みをしていなかったので
急遽、日本人が社長の中国の会社に変更する事にしました。


中国の会社が金額を間違えたのは
ホテルの部屋を1人部屋と2人部屋の金額を間違えたの事でした。

しかし、現地に行った時に何かと難癖をつけて、
追加料金を取られたりする可能性があると思い、変更しました。

変更した日本人の方が社長を務める会社は
若干、高かったのですが、中国人スタッフ・日本人スタッフと共に
一緒に頑張る!と言った感じで、結果的には大成功となりました\(^o^)/

今後、私のほうでも何処よりも安くて、充実した義烏ツアーを
組みたいと思いますので、中国仕入れ行ってみたい方はご連絡くださいね!


私のツアーでは仕入れはもちろん、グルメやエンターテイメントまで
充実した楽しいツアーになりますよ♪

前回は屋台料理はもちろん、一緒に義烏で一番美味しいラーメン屋さんやアラブ料理等を満喫しました!

▼中国のラーメン 麺はうどん風です
IMGP0691.jpg
posted by garkunroborobo at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本から義烏への行き方

個人での発送はEMSがお得でロットが大きくなれば・・・・

▼サプライヤーの伝票も失くさないように!
meisai.jpg

義烏で購入した商品をどのような形で日本に送るのか?

皆さん、どの方法が安くて、確実に到着するか分かりますか?


ここで間違えると利益が出る品でも、利益率が下がります。


私が信頼のできる現地日本人スタッフに聞きました。



まず商品がそれ程、多くない場合
EMSの料金が以前より、だいぶ、安くなりましたので
多くない場合はEMSをお勧めますとの事。

EMSですと、荷物の保障も付いてるので、万が一の時にでも安心です^^


EMSは1週間位で到着します。


若干、割安な船便もありますが、到着日数は1ヶ月位で
保証が付いておりません。



両方ともインボイスを書いていない場合は
管轄の税関で商品をほぼ開封されます。

場合によっては通関税を徴収されます。


梱包の大きさによっては開封されない場合もあります。


重量・容積が大きくなったら、混載で送った方が断然安くなります。

前々回は混載でしたので、大きな品も沢山、注文しました。



全ての場合、商品を置く場所を国内で確保しないといけませんが
今回は小さめの商品に狙いを定めました。

小さいほうが送料も安くて、保管場所にも困りませんからね。


本当はオートバイのグッズなどで粗利益が高い品なども
沢山、個人輸入したかったのですが、保管場所の問題で保留中です。


個人場合、まずはEMSでの発送がお薦めです。
posted by garkunroborobo at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本への発送

義烏仕入れの情報

▼期待を胸に成田から中国へ
IMGP0576.jpg

7/8から4泊5日で今、注目の義烏(イーウー)へ仕入れに行きました。

中国・義烏は世界の倉庫と呼ばれて、色々な商品が
安く仕入れられることで、鋭いバイヤーの中ではちょっと有名です。

しかし・・・

地球の歩き方 上海・杭州・蘇州を借りてきたのですが
1Pも掲載されていません。

グーグルで検索してもあまり良い情報がありません。

ですので、このブログ読者さんの為に
私が出来る限りの義烏(YIWU・イーウー)情報を伝えたいと思いこのブログを作りました。


仕入れ・個人輸入だけではなく
料理・携帯事情・ネット事情からエンターテイメントまで
出来るだけ鮮明に伝えますよ〜


もちろん、儲かった品や利益率まで全部書きます。


余談ですが、靴関係は通関税が高くて、なかなか利益が出しづらいですね。

逆に小さくて、壊れにくくて、容積がないものが個人輸入に向いております。


今回はデジカメ・ハンディカメラ・ノートPC・DSライト・トークマン等
フル装備で日本を出発しました。


ですので、どこよりも超リアルな義烏情報です。(当社比)


質問や取材なども受け付けておりますので
お気軽にご相談下さい。

次回は9月末に義烏に行きます♪
posted by garkunroborobo at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 義 烏への視察

2007年08月14日

義烏ではタクシー移動が当たり前??

▼義烏の白タク
P1010327.jpg

義烏では、ホテルから市場まで主に、タクシーで移動します。

今回、泊まったホテルは歩いて10〜15分程度で仕入れのメインとなる福田市場まで行けたのでしたが、体力温存の為、タクシーを使います。

これは若いからとか、美容と健康のために歩きたいとかは関係ありません!

義烏ではタクシーでの移動を強くお薦めします。

市場に入れば9時から17時までずっと歩く事になるからです。

無理やり6人で乗り込んでも6元=約100円(1人約16円)ですので
ここでケチってはいけません。


普通のセダンタイプのタクシーに6人乗ってます(笑)

バスもありますが時間が掛かります。

値段が差ほど変わらなければ、市場の中にあるホテルに泊まれば便利です。


義烏(YIWU・イーウー)でのホテルはインターネット環境重視でもOKです。

市場から近い、ホテルに泊まっても、毎日市場までタクシーでVIP移動しました。

しかし・・
義烏では夕方になるとタクシーがつかまりません。

ちなみに、寿し詰め乗車は乗車拒否も多かったです。

乗るタクシーを掴まえても、拒否される事もしばしばでした。
posted by garkunroborobo at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地の交通について

上海から義烏への快適な移動方法

▼中国・義烏(YIWU・イーウー)の駅
P1010721.jpg
現在、上海から義烏(YIWU・イーウー)に
行く方法を確立しようと色々と調べております。


一番、有力なのは

チケット:1等席60元、2等席50元

義烏→杭州東→上海南
D686(10:00→10:56→12:18)、

上海南→杭州東→義烏
D685(7:25→8:45→9:43)

チケット:
1等席59元、2等席49元(杭州東⇔上海)
43元(杭州東⇔義烏)

でしょうか?

さすがに上海義烏(YIWU・イーウー)の
車の旅 4時間は疲れます。

運転が荒くて、ウカウカ寝れません。

鉄道のほうが早く義烏(YIWU・イーウー)に
つけるのも嬉しいです。

乗り心地も日本の新幹線と変わらないので
こちらのほうが車より安く快適でいいと思います。
posted by garkunroborobo at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地の交通について

2007年08月09日

現地でのスタッフは中国人?それとも日本人がいい?

▼中国人ガイドと日本人ガイドがWでサポート
 (写真は上海の豫園)

CIMG0406.jpg

少し前まで義烏(YIWU・イーウー)では個人では小ロットでの取引は出来ませんでしたが、
現在は可能なサプライヤーが多くなってきました。

毎日約16万人以上のバイヤーが取引してます。

日本からのバイヤーはまだ少なく、チャンスが掴みやすいです。

新しいビジネスチャンス!そこに目をつけました。


現地では2〜4名で1人の通訳をつけるのが一般的です。

商品によっては1個からサンプルとして買うことができます。


必ず大きめのスーツケースを現地で買うといいでしょう。

義烏(YIWU・イーウー)では80元〜あります。

中国の違いは言葉だけではありません。

中国語を理解できても中国人・日本人の心理が理解出来なければ取引は上手く行きません。

特に義烏(YIWU・イーウー)での仕入れを
本格的に行なうとなると尚更です。


私は現地在住の日本人スタッフさんに手伝ってもらってます。

発送・入金・交渉とすべて上手くいってます。

日本人・中国人のスタッフがいますので、安心です。
posted by garkunroborobo at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年08月06日

やはり中国と言えば青島(チンタオ)ビールです♪

▼中国のビール
IMGP0685.jpg

中国の代表銘柄 中国ビールの代名詞と言えば青島ビール(チンタオ)

フルーティーな香りとフルーティーな味、
炭酸は少なめでアルコール度数も低めです。

中国のビールのなかでは味が濃い方ですが
日本のビールと比べたらかなり薄いというかマイルドな味です。

中国では、ビールを冷やさずに飲むという話は有名ですが、
最近では冷えたビールを飲めるようになってきたようです。

義烏(YIWU・イーウー)では毎日のように飲んでました。

ほとんど水替わりといったとこでしょうか?

驚く事に福田市場の販売員さんが
店の中で営業中に飲んでたりします(!)
posted by garkunroborobo at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国のビールについて

2007年08月04日

追加注文を義烏のサプライヤーにかけます!

▼写真のような梱包材屋さんやクーリエと呼ばれる配送業者が
 福田市場付近に多数あります。

IMGP0741.jpg


帰国から約1ヶ月・・・

もう既に義烏(YIWU・イーウー)に行きたい気分です。

というのは、現地日本人スタッフさんと
昨日、スカイプで打ち合わせしたからです。

この方はSKYPE電話から携帯に直接つながる設定になっており
日本〜義烏(YIWU・イーウー)がなんと1分2円!

0086も要りません。

便利で安いですね^^


比較的、粗利益が高くEMSで日本に発送できるものをチョイスし
リピート注文の見積りと打ち合わせ中です。

送料は12000〜17000円でインボイスと生産証明書もつけて
ドアトゥードアでの発送です。

これなら胸張って日本に入れれるし、東京税関も完全にパスします。

完売したら、またこちらで報告します。
posted by garkunroborobo at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 再注文について

2007年08月02日

義烏(YIWU・イーウー)地図を入手する方法

▼現地の地図
1A8FC0E120134.jpg

まだ地球の歩き方やガイドブックにも登場していない
義烏(YIWU・イーウー)ですが、
現地では地図を買うことが出来ます。

5元ほどですが、粘れば3元位に値切れます。

ただ現地通訳やガイドをつけて行動すると思いますので
必須アイテムではありません。

あると便利程度の認識でOKです^^

やはり、義烏(YIWU・イーウー)攻略のコツは
リサーチ&足でしょうか?

そのどちらが欠けてもいけません。

さらに重量がなくて、容積がないモノで
粗利益が高い品を見つけると稼げます。

私が感じた義烏(YIWU・イーウー)仕入れ攻略のコツでした。
posted by garkunroborobo at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図

2007年08月01日

義烏(YIWU・イーウー)で仕入れて当った品、滑った品

▼こんなものも義烏(YIWU・イーウー)で売ってます
IMGP0701.jpg

帰国から3週間。結果が出始めている。

当ったものは4.5元=75円(人民元16.5円で計算)で仕入れたモノが
コンスタントに5000円前後で売れている。

1つ粗利益5000円ですから
10個で5万円
100個で50万円の利益になります。


しかし・・・

美味しい物ばかりではない!

USBタイプのPC周辺機はほぼ全滅。

ど〜にか原価割れを防ぐべく奮闘してます。

この辺りは中国製より台湾製がいいのかもしれません。


次回、義烏(YIWU・イーウー)に遠征したら
確実かつ、戦略的に攻めたいと思います。

やはり、小さくて、尚且つ壊れない売れ筋品を
発見する事が義烏(YIWU・イーウー)攻略の鍵となりそうだ。
posted by garkunroborobo at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて