2007年07月30日

原価が安くても、これだけの経費が!

▼写真は両替レートのいい中国銀行から見た
 福田市場の風景

CIMG0356.jpg

例えば
プラスチック製品@100個×50元 計5000元に
以下の金額が日本までの送料として掛かります。

●送料EMS→10400元 (1個4KGにて計算)


●空輸の場合 

義烏→上海       600元 (3㎥)
上海→成田      4000元 (10元/KG)

上海→大阪      3600元(9元/KG) 時期により前後あり

現地生産書証明書    100元 

計3700元〜4700元


●船便(コンテナ)の場合 混載/FOB

義烏→東京  500〜800元  (本船代金は含まず) 時期による
現地生産書証明100元 

計600元〜900元


EMS以外は国内送料が含まれておりません。

実際は通関税+成田(もしくは港)から
保管場所までの送料も発生します。

いずれにせよ稼ぐのであれば
運送システムも確立しなければならない。
posted by garkunroborobo at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本への発送

2007年07月29日

義烏(YIWU・イーウー)での日本人通訳について

▼日本人の方と現地で食事
P1010368.jpg

日本が話せる中国人通訳さんより
現地在住の日本人通訳さんのほうがお薦めだと思います。

なぜなら・・・・

日本人の心を汲み取ってくれるからです!


出来れば日本人通訳さん+中国人通訳さんのチームで
お願いできると両方の気持ちがわかりますので良いと思います。

さらに義烏(YIWU・イーウー)から
日本への発送に関しても日本人の方がいれば
送りっぱなしにならなくていいです。

関税に引っかかった場合、インボイスが必要な場合など
日本語で指示できると解決が早いです。

PS

スカイプを導入していれば
電話料金も気にならないので、さらにいいかと思います。

▼写真は中国で一般的な携帯電話
1A8FC0E120039.jpg
posted by garkunroborobo at 13:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本人通訳

2007年07月28日

義烏のホテルについて

▼OSが中国仕様なのでノートPCを持ち込んだほうが良い
 (写真はホテルの備え付けのPCで見た日本語サイト)

1A8FC0E120046.jpg

義烏(YIWU・イーウー)でホテルをおさえる場合
絶対に福田市場付近がいいです。

時間ロスがないのと
サンプルを大量に買った場合、一度、ホテルに荷物を置いて
再度、福田へ折り返す方法が使えます。

遠いと時間をロスします。

とにかく、義烏(YIWU・イーウー)
特に福田市場は想像以上に広いので
時間が非常に早く経過します。

ですので、ホテルは値段ではなく、立地を最優先に選びます。

あとネット回線(各部屋にLANがあるかどうかなど)
も選ぶ基準にするといいでしょう。
posted by garkunroborobo at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテルについて

義烏(YIWU・イーウー)の視察の値段

▼現地スタッフの実力で勝負が決まる
 (写真は中国人女性スタッフ)

1A8FC0E120130.jpg

日本から義烏(YIWU・イーウー)に視察に行くと最低、8万円はかかると思います。

通常、視察の場合、5〜7日間がスタンダードです。


エコノミー安いエアチケットが5万前後(シーズンによる)
現地通訳&空港から義烏(YIWU・イーウー)までの足代&ホテル4日分で4万円ほど掛かります。

現在、もう少し安く、さらに現地サービスの質を落とさない方法を
調べています。

あと、1,2万円安くなれば気楽にいけますからね。


追伸

仕入れツアーは通常、12〜18万円でありますので
面倒くさい方は利用したほうがベターです。
posted by garkunroborobo at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 義 烏への視察

2007年07月26日

7/26より私の友人達が義烏(YIWU・イーウー)入りです^^

▼写真は中国で売られているパソコン
1A8FC0E120104.jpg

私の友人2名が7/26より義烏(YIWU・イーウー)に入ります。

この季節は義烏(YIWU・イーウー)は37度くらいあるので
バテないように頑張って欲しいです。

7月初めに現地入りした私達も沢山食事をして
バテないように勤めました。

電話の事情がよければ、色々と買い付けを頼みたいところです(苦笑)

逆に言うと中国の携帯電話事情やネット事情・回線が
もっと良くなれば、稼げるパーセンテージも上がるということかもしれません。
posted by garkunroborobo at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年07月24日

義烏(YIWU・イーウー)の人々

▼現地の方がショッピングするお店
 (写真はアパレルを扱う夜店)

1A8FC0E120100.jpg

義烏(YIWU・イーウー)仕入れ・卸の街は
アラトゥルク(伊吾)県になります。

アラトゥルク県は中国新疆ウイグル自治区クムル地区の県の1つです。

県の中心であり人民政府の置かれている伊吾鎮は、周囲を岩山に囲まれており、気候が変わりやすいのが特徴である。

夏場は日本より暑いので注意が必要です。

小さい面積のわりに多くの異民族がまじりあって居住し、過去に清朝政府によって送り込まれた末裔と思われる満州族も居住します。

パッと見は韓国系・中国系・インド系・中近東系の方が
多い印象を受けました。

日本人はまだ少ないのですが
展示会・ギフトショーなどには日本の企業から
沢山のバイヤーが来るそうです。
posted by garkunroborobo at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 義烏という街

2007年07月22日

義烏(YIWU・イーウー)に日本から別注をかける!

▼レディースファッションも熱い市場です
P1010961.jpg

青色申告の講習会の帰りに渋谷・原宿・高円寺と
雑貨屋さん巡りをしてきました。

まだコレだ!というアイデア・アイテムは浮かびませんが
何かを見つけ出しで、中国・義烏(YIWU・イーウー)に別注をかけたいと思ってます!


思いついた儲けのネタを書いてしまいましょう。

例えば、ダイエット商品。

中国/義烏(YIWU・イーウー)ではホント激安!で売っています。

しかし・・・

大手が参入しているので、同じものが日本でも山ほど売ってます。


それを少しお洒落に直して、独自のやり方で販売します。


ダイエット商品 + PDFマニュアル


更に!


夏のバカンスにまだ間に合います。

今ならエクソサイズの動画マニュアルがもれなく付いてくる!!!


こんな感じでしょうか??

ネットにどっぷりの方には、多少リアクション弱いけど
リアルの世界にブチ込めば凄いことになるかもしれない。


PDFマニュアル製作であれば、その辺の連中には
負けない自身はあるし(毎日、書いてますから!)

これなら大手にも勝てるような気がします。


最近はただ商品を売るだけではなく

「商品 + マニュアル + アルファー」を

常に考えてしまいます。


アイデアだけは沢山、沢山出てくるので
早く結果を出したいですね♪

▼ダイエット商品は熱い市場ですP1010425.jpg
posted by garkunroborobo at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れについて

2007年07月21日

世界最大の卸市場・義烏(YIWU・イーウー)

▼ショップカードを上手く管理して利用するのがコツ
x_&wbg.jpg

義烏(YIWU・イーウー)

ギウと読む場合もある。

上海から車で約4時間、西南約300キロほどに位置する義烏という街は今、日本をはじめ、世界中が注目しています。

私の感想としては超巨大な100円ショップ??って趣です。

世界中のバイヤーが買付けに訪れる世界最大の卸市場で
インド系・韓国系・パキスタン等中近東系・中華系
の方が多いような感想です。


近年、中国製品の品質向上・クオリティーの高さも日本からも再認識され、日本からのバイヤーも徐々に増えてきていますが、日本人はまだ少ない印象です。

安かろう、悪かろうの時代は終ろうとしております。

大ききな市場がA〜Hまで7棟あり、その他街区に専門店と、とにかく商品の数が多いです。

相当、気合入れて歩かないとバテます。

4日では全て見きれないのではないしょうか??

大体、同じブースの店が、同じ商品を並べているので
必ず方向感覚を失うので体力もロスしがちです。

片っ端に名刺を集めて、後で通訳さんに電話で交渉してもらうのが
店を見失わないコツでもあります。
posted by garkunroborobo at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめての義烏

中国義烏国際商貿城G〜H地区の歩き方

▼福田市場一期の入り口と駐車場
1A8FC0E120053.jpg

義烏(YIWU・イーウー)
仕入れのメインになるのが福田市場です。


中国義烏国際商貿城G〜H地区は通常「福田2期」とか「福田2」と呼ばれてます。

金物全般、電化製品、電球、LEDライト、工業用工具、電気工具、健康グッズ、スポーツ用品、自動車関係のアクセサリー、ベビー用品、鞄・バック類、皮革製品、台所・浴室用品、文房具、デジタル製品、ゲーム用品、傘、計算機、時計、アウトドア用品、包装資材、化粧品、サングラス・眼鏡、事務用品 等を扱ってます。

福田一期より粗利益が高い物が多いと思いますが
重量があるので、送料に注意です。

送料に関しては混載がお薦めです。

個人的には福田二に仕入れたい商品が多かったので
滞在時間をかなりかけました。

義烏(YIWU・イーウー)の福田・中国義烏国際商貿城G〜H地区
の裏技はタクシーでいきなりH付近につけることです。

人も少なくHから見て廻るのがお勧めです。
posted by garkunroborobo at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 義 烏の市場

2007年07月20日

現地在住日本人通訳さんに通訳料金を聞きました。

▼現地での検品は重要です
1A8FC0E120140.jpg

義烏(YIWU・イーウー)での通訳料金を現地在住日本人通訳さんに聞きました。

1日のみの場合、一人一日450元
2日〜3日の場合、一人一日400元
4日〜6日の場合、一人一日300元

位が相場だそうです。

中国人民元の相場、約1.7円をかけると
大体の価格が分かるかと思います。

この通訳さんは付き合いもよく
市場が終っても追加料金無しで
義烏(YIWU・イーウー)の街やレストランを
案内してくれました。

通訳できる時間は17時までの会社が多いようです。

現地の方しか行けない(行かない)グルメスポットに
沢山行けたので、満足してます。

もし、中国の方が運営されてる会社でしたら
追加料金を請求されたかもしれません(汗)

しかも検品や発送までお願いできるので
回りくどい作業が苦手な方でもお薦めです^^
posted by garkunroborobo at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人通訳